So-net無料ブログ作成
検索選択

ルイゼ・ワルカーの小さなロマンスを弾いてみました。 [My Ch (guitar)]



ルイゼ・ワルカーの代表作品と云われる≪小さなロマンス≫を21年振りにアップしました。
この曲は、1995年に私が初めて演奏ホールで弾いた思い出の曲です。
最近は、殆ど弾かなくなってしまった≪小ロマンス≫ですが、弾いてみると素敵な曲だなぁ~と思います。
たまに弾くので、楽譜を頼りに即席の演奏でアップしました。
大別すると3つの分部と1つのコーダからなり、最初の冒頭は何故か、ビラ・ロボスの前奏曲1番と勘違いしそうです。
中間部(Lebhaft)ここの最初の八分♪の和音はスタッカート風に弾く弾き方が有りますが、私は普通に弾いて八分休符を無視して弾くようにしています。アルペジオで流れる個所は小ロマンスの一番素敵な処ではないでしょうか・・遠くの方から少しづつ近づいてくる様な場面で、そして、だんだん遠くへ去って行く様な感じがします。 

 


にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

Tommy

ご無沙汰しています。

昔”小ロマンス”は近くに住んでいたギタリストが個人的に
弾いてくれてとても良い曲で自分でも弾けたら嬉しいと
思っておりました。

定年退職してから奮起してこれも昔感動したアルハンブラを
弾けるように初心者としてギター練習を始めて2年半経ち
ましたが、高齢故に色々支障が出て来て低迷しています。

浜っ子カルメンさんは私の目標としている両方の曲を既に
弾きこなしておられるようで羨ましいですね。
by Tommy (2016-04-03 10:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0