So-net無料ブログ作成

ヴィドビッチのトレモロ指使いを参考に・・・ [ギター練習]

ギタリストのアナ・ヴィドヴィッチさんのアルハンブラ演奏ですが、
以前から気にかけていた彼女の右手の指。普通はp.a.m.iでトレモロを奏するのが一般的ですが、
Ana Vidovicさんのトレモロはp.m.i.mかp.i.m.iで演奏していますね。
この二通りのどちらかで弾いているのでしょう。a指は使っていないようです。
この指使いでも見事なアルハンブラを演奏しています。
私もこの弾き方で弾いてみたら、慣れてくれば弾けそうです。
p.i.m.i.p.i.m.i.p.i.m.i.p.i.m.i.p.i.m.iで弾く練習を試してみる事にしました。
一般的なp.a.m.iのトレモロにこだわる必要は無い!
トレモロになればどんな指使いでもOK!
苦手トレモロ人間として練習する価値は有りますね・・・

女流ギタリスト:アナ・ヴィドビッチさんのアルハンブラ(参考動画YOU-TUBEより)
https://www.youtube.com/watch?v=fwjX-m4LkYk


にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

’2015 趣味のギターを振り返って・・ [ギター練習]

’2015(平成27年度)を振り返り、今年は以下の曲を勉強させて頂きました。
ブルガレーサ
セビリア(アルベニス)
メヌエット(モーツァルト)
アルバーダ「朝の歌」(トロバ)
その中でトロバのブルガレーサは昨年からの継続レッスンです。
このブルガレーサは大変、音楽的な勉強をさせて頂きました。
弾くだけであれば易しい曲なんでしょうが、
音楽的な演奏となると難しいものなんですね。
音楽表現を出す研究というか・・有意義な勉強を致しました。
今年の目玉はアルベニスのセビリアです。
このセビリアは自分として弾きたい曲の一つでしたのでレッスンに取り入れて頂いた事に嬉しく思いました。セビリアは難曲中の難曲と昔から聞いています。
その難曲に挑戦できた事に楽しさを実感できました。
但し11月に発表会でセビリアを演奏しましたが、練習通りの演奏が出来ず満足に至らなかった事が残念です。でもセビリアはコプラの歌いまわしは歌えるようになってきたので上出来の仕上りに出来たと思う。このセビリアは自分にとっては最高のプログラムであります。趣味として弾くギターではセビリアを弾く人は少ないはずです。

来年の持越しではトロバのアルバータとモーツアルトのメヌエットです。
この2曲は、あと少しで完成するでしょう。12月からレッスンに入った新曲は綺麗な風の流れを感じるトレモロ曲のWindy Day(風の日)の勉強をしています。
苦手なトレモロをこのWindy Dayで克服したいと願っています。
このWindy Dayはギタリストのパオラ・ケレナさんのYOU-TUBE動画から楽譜を作って頂いた[耳]コピー楽譜ですが、動画の演奏と同じ楽譜で作られています。
流石にプロの先生ですね。スゴ技で恐れ入りました。
Windy Dayは音楽的にも綺麗なメロディーで今後は人気上昇間違いなしです。
この曲を習う事で来年も頑張ってギターを楽しめそうです。
私の様に趣味として楽しんでいるギター奏者の皆さんも、懲りずに長くギター弾いて下さいね。趣味だから上手い下手は関係ない!気楽に楽しもう・・・

P1000446.JPG?


にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。