So-net無料ブログ作成
検索選択

カルリのニ長調ソナタ [My Ch (guitar)]





カルリの『ソナタニ長調』を演奏

1996年に「第二回ギターの集い」と言う企画で参加演奏しました。
ギター中級者向けの曲と思います。

 




クラシックギター ブログランキングへ

「禁じられた遊び」に心を寄せられて・・ギターを習う時代 [My Ch (guitar)]



映画「禁じられた遊び」で使われた曲で、誰もがこの曲に酔いしれた時代が有った。
1965~1968年頃はギターブームではなかったか・・・
この曲を知らない人はいないくらいの人気曲でした。
この”禁じられた遊び”が弾きたくて、ギターは最高潮に・・
街を歩いても電車の中でもギターを持った若者は大勢いたように思える。
私も、その一人でした。
自己流でそれらしきメロディーに聴こえればOK!と云う感じでやってましたね。
そしてNHKギター教室(阿部保夫氏)が始まり、これをきっかけにギターを正式に習おうとする人が増えました。

何処のギター教室も生徒で満員!
そんな時代が懐かしい・・
青春時代だ!
ギターを持っているだけで、女の子に持て囃された気がする。
人前で弾くのも下手でも「恥ずかしい」そんな事は一切なく、
ズウズウシク人前で弾いていたのだから・・
今考えると、よく見っとも無いギターを人前で弾いたものだと感心している。


ルイゼ・ワルカーの小さなロマンスを弾いてみました。 [My Ch (guitar)]



ルイゼ・ワルカーの代表作品と云われる≪小さなロマンス≫を21年振りにアップしました。
この曲は、1995年に私が初めて演奏ホールで弾いた思い出の曲です。
最近は、殆ど弾かなくなってしまった≪小ロマンス≫ですが、弾いてみると素敵な曲だなぁ~と思います。
たまに弾くので、楽譜を頼りに即席の演奏でアップしました。
大別すると3つの分部と1つのコーダからなり、最初の冒頭は何故か、ビラ・ロボスの前奏曲1番と勘違いしそうです。
中間部(Lebhaft)ここの最初の八分♪の和音はスタッカート風に弾く弾き方が有りますが、私は普通に弾いて八分休符を無視して弾くようにしています。アルペジオで流れる個所は小ロマンスの一番素敵な処ではないでしょうか・・遠くの方から少しづつ近づいてくる様な場面で、そして、だんだん遠くへ去って行く様な感じがします。 

 


にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村


1997年の西野ギターで「11月の或る日」を弾いた動画。 [My Ch (guitar)]


西野春平氏の1997年製作ギターで≪11月の或る日≫を弾いてみた動画です。
このギターは現在、手元には有りません。
音色に惚れこんで買った西野ギターでした。
現在は2011年製作の西野ギターを愛用ギターとして使用しています。
≪11月の或る日≫は最近、弾いていないので、今は弾けない!
お浚いで楽譜を見乍ら再練習を要します。
この動画は2009年頃に録画撮影してます。
約6年も経過したら頭の毛が薄くなっちゃいました。
体の劣化はどうにも止まらない!
森田健作さんじゃないけど心だけは青春でいたいですねぇ・・・

 西野春平img_4.jpg

西野ギター製作工房にて・・2011・02・20(ギタリスト:田部井先生と西野春平氏と一緒に)


2011/02/20(日)
西野ギター製作所の工房を見学致しました。 ギターを始めた頃は中学生時代で、この時期は質流れの量産安物ギターで、遊び半分で仲間とギターを掻き鳴らしていました。
其のうちTVギター教室が3Chで放映され、
ギターの音色の美しさとクラシックギター音楽の素晴らしさに魅かれて、
初めて買ったギターが中出阪蔵氏の手工ギターでした。
ギターの魅力は音色も大好きですし、
ギターの形がなんとも言えない魅力を感じて、
毎日ギターを眺めているだけでも気分が良いですネ。

手工ギターで愛用したのは中出坂蔵(1968年頃?製作)西野春平(1994年頃製作)ポール・シェリダン(1995年製作)黒沢澄雄氏(製作:2000年)と西野春平氏(製作:1997年)です。


長年、ギターへの思いが有り、自分の愛器として使用している
西野ギターの製作工房を見学する事が出来ました。

この工房見学の折に新しいギターを注文依頼して、お金がないので1997年製を処分(売却)した次第。

 img_4西野春平作のマイギター表面板.jpg

 西野工房にてギターの表面板の説明を聞いて、発注した。

少し洒落たギターデザインで製作依頼しています。

弦長:650mm
表面板:ドイツ松
裏・横板:ローズウッド
糸巻:国産ゴトー


ギター製作:西野春平氏(2011年作)
ハウザー1世モデル
(為書き入りラベル付き)

 2011img_5西野春平.jpg

 2011img_10西野ギター.jpg

現在はこの、西野ギター(2011)と黒沢ギター(2000)の2本を愛用ギターとして楽しんでいます。
にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2015-12-24 今日は♬きよしこの夜♬で・・・ [My Ch (guitar)]


 

聖夜を下手ですがギターで流します。
この動画は、この時期のみオープンして、その後閉じます。(限定公開版ですかなぁ)
このクリスマスとやらが終わると今年も残り僅かですね。
何とか好きなギターも、今年、一年懲りずに頑張りました。
トレモロは相変わらず未達で今年は終わりそうです。
もうチョイなんだけど・・また来年にトレモロが弾ける様に頑張ってみよう。


にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

情熱的な哀愁に満ちたアンダルーサ舞曲が好きです。 [My Ch (guitar)]


スペイン舞曲5番の’2011撮影ファイルが見つかったので再びアップしました。
エンリケ・グラナドスの≪12のスペイン舞曲≫~5番アンダルーサです。
情熱的な哀愁に満ちたメロディーが美しく、
アンダルシアから生まれた舞曲、スペイン的情緒が溢れて大好きな曲の一つです。
グラナドスの12のスペイン舞曲の全てが弾けたら最高なんですが、
手掛けたのは、この5番のみです
弾いてみたいのは,第2番のオリエンタルと第6番のアラゴネーサですね。
其のうちに挑んでみたいです。無理かな?・・・
にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

ポンセのソナタ・クラシカ(全楽章)再びアップ [My Ch (guitar)]


 


下手を承知でクラシカを全楽章入れてアップしました。
今回のは初めての映像をミックスして挿入しました。
この曲は、今の段階ではこれ以上に上手に弾けませんデス!
ソナタ・クラシカは各楽章全てが自分には難曲に思います。
まだ其処までのレベルに達していないと思いますが、精一杯下手乍ら弾きました。
約19分の動画ですが、暇が取れる方は是非最後まで聴いてやって下さい。
ヨロシク・・
にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村


ヴィゼのパッサカリアを弾いてみました。 [My Ch (guitar)]



≪パッサカリア≫は緩やかな舞曲です。
YOU-TUBEでパッサカリアの舞曲を見られます。
ロベール・ド・ヴィゼはバロック時代の作曲家で
バロックギター奏者(5コースギター)やテオルボの名手と云われてます。
才能多彩で歌手でもあるとか・・
フランスの太陽王ルイ14世の王室演奏家で
華やかな宮廷で演奏されていたのでしょう・・
ときには華麗な舞踊を取り入れたりしたでしょうね・・・
王の為に寝室で演奏して王様を寝かせたのではないか・・?と想像します。

今回アップしたド・ヴィゼのパサカリアは約20年前に習った曲で、久々に弾いてみました。
この曲は少し弾けば暗譜で弾ける曲ですが、楽譜を見ながら演奏をしてアップしました。


にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村


バリオスのワルツ3番 [My Ch (guitar)]




バリオスのワルツ3番を再アップしました。
バリオスの作品では好きな曲沢山ありますが、
自分が弾けないだけなんです。
クリスマスの歌≫≪森に夢見る≫≪最後のトレモロ≫
この3曲は弾いてみたいが弾けないだけの話。
せめて≪クリスマスの歌≫と≪最後のトレモロ≫ぐらいは挑戦したい。
ウ~ン・・弾けないのは悔しいねぇ!

にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

鳥の歌 カタルーニャ民謡 [My Ch (guitar)]

 巨匠パブロ・カザルス(チェロ奏者)のアンコールピースとして鳥の歌は有名ですね。

平和の祈りの歌として世界中で愛されています。

静寂な悲しいイメージの曲ですがカザルスのチェロ演奏を聴くと「ピースピース」を投げかけているようです。


ギターで鳥の歌を演奏しました。

 





にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。