So-net無料ブログ作成
検索選択

エアーギターで楽しんでみよう・・・ [音楽のお散歩]

田部井泰和さんのエアーギターで楽しもう・・・

 

クラシックギター ブログランキングへ



宮澤賢治と母の講話を聞いて・・ [雑話]

10/9(日曜)はネコ・カフェのお寺コンサートに行き、前段に住職の講話を聞きいてきた。

 題目は「宮澤賢治と母」です。
岩手県花巻町に生まれる。明治29年(’1896)8月27日 母イチ20歳で賢治出産。
天災の多い年で8月31日に花巻町西で大地震が発生したとか・・賢治は生後5日目であったようです。
全壊家屋5千6百、死者2百人、そして2ヵ月前の6月15日には、三陸海岸に大津波で2万1千人の死傷者がでたとか・・
宮澤賢治は若くして生涯を終えていますね。
富豪の家庭で育った、お金には苦労が無い家庭の様です。
家族構成は祖父に喜助、この喜助さんは勤勉で物堅い人の様です。祖母にキン、キンさんは芸術的才能が有ったようです。祖母の遺伝子なのか、宮沢賢治も音楽を熟知していますね。好きでレコード買って聴いていたようで、セロにも興味があったようで、音楽も血筋なのでしょう。そして、父は政次郎(明治6年~昭和32年:84歳)母にイチ(明治9年~昭和38年:88歳)イチさんの実家は県内有数の富豪との事。長男は賢治(明治29年~昭和8年:37歳)宮沢賢治は37歳で没、短い生命でしたね。他に弟に宮澤清六さん、妹に宮澤クニさん、

家業は古着・質商で困窮者相手の家業は賢治にマイナスの影響を与えたとか?・・
賢治はお金に無頓着で、困った人が着物を質に入れて、お金と替えるはずが、なんと「その着物は貴女が着るものでしょ」と云って着物を受け取らず、お金だけを渡しあげたとか・・・、宮澤賢治は質商売には向いていないようですね。お金儲けの出来ない人柄だったようで・・ 「これでは商売にならない」・・父:政次郎さんは頭を抱えたのでは・・?

宮澤賢治は25歳~30歳に花巻農学校の教壇に立っていますね。在勤は4年4ヶ月です。('1921/12/3~'1926/3/31)

宮澤賢治は大正15年(昭和元年)(’1926)30歳の時に花巻の下根子の別宅で独居自炊の農業生活を始めた様で・・
この時代は草鞋が一般的で、賢治は富豪の長男、金に困っていない為か、ゴム長靴靴下、農作業服、とリヤカーまで有ったとか。
靴下など百姓は履かないが、賢治は履いていたようです。農作業服は自分でデザインしたとか・・
この当時リヤカーの車を持っていたのが宮沢賢治。この時代にリヤカーを持っている家庭は花巻で数件位しかないようです。
金持ちの家庭でないと、リヤカーは持てない時代だったようで・・今で考えるとベンツの車を持っているのと同じ様なものとか・・・
苦行としての農業から誇りを持って働ける農業(農民)を目指したが祈りは3年で挫折したとか・・
宮澤賢治は37年間の生涯の中で9回の上京をしています。
大まかな内容としては、1回目は修学旅行(大正5年〉盛岡高等農業高校。2回目はドイツ語の講習会(大正5年)浅草オペラ見物、他。
3回目は父:政次郎の代わりで商用。(大正6年)4回目はトシ子の看病とか?(大正7年)母イチと上京、5回目は賢治の家出、日蓮宗国柱会での活動、(大正10年)ここで、父親と賢治の宗教の違いが発生して大喧嘩したとか・・?6回目はトシの分骨の為弟を訪問(大正12年)7回目は、農民文化活動(大正15年)タイピスト、オルガン、エスペラント語、セロ、観劇、8回目は、水産物調査で東京大島へ(昭和3年)9回目は、東北砕石工場技師としての販売促進の為、(昭和6年)

お寺の住職さんの講話は以上です。話を聞きそびれたところも多々有ります。
ここにトシ子という女性が出てきますが、25歳で没になっているようで、賢治さんの誰に当たる関係かは聞きそびれました。

トシ子とは賢治に、もう一人妹がいたのか?・・・解りません ! 妹ですね! 間違いなし!

弟の清六さんの奥さんは愛子と聞いている。

宮澤賢治の職業は詩人であり童話作家。

宮澤賢治の名前は知っているが、中身迄ハ意外と知らないものです。

お寺のお坊さんの講話を聞いて少しは利口になった気持ちです。 ・・・

 

 P1020258.JPG

P1020225.JPG 

「宮澤賢治と母」の講話をする慶翁寺の住職さん。

住職さんは賢治の弟の清六さんと会って、宮沢賢治のお話を聞いているようです。

詳しく講話をして頂きました。頭に全部入らなかったのですが・・・誤りがありましたら御免なさい。


クラシックギター ブログランキングへ


愛の賛歌 (エディト・ピアフを知ろう・・) [My Ch (guitar)]

 シャンソン歌手:エディット・ピアフを知ろう・・・波乱万丈の生涯 その1.




クラシックギター ブログランキング

「愛の賛歌」ギター演奏:ヨコハマカルメン

シャンソン歌手:エディット・ピアフを知ろう・・・波乱万丈の生涯 その2.


滅多に見られない珍芸です・・みなきゃ~損だヨ! [My Ch (guitar)]

ソルの作品32-1のギター演奏を入れて、バック動画に出目金の珍芸を挿入しました。

デメ子の珍芸を楽しんで下さい。
滅多に見られない出目金の変わった様子を、ビデオ撮影したものです。

 




クラシックギター ブログランキングへ

アコースティックギターの魅力 [音楽のお散歩]

YoU-TUBEで≪ゆく≫と云うタイトルを試聴した。
アコースティックギターの演奏パワーに驚かせられました。
このアルバムは田部井泰和さんの1Stアルバムと云う事でCDショップで発売されると聞き、早速購入致しました。

アルバムのタイトルは『ゆく』です。なぜ『ゆく』何でしょうか?・・不思議に思いましたね・・・
CDのジャケットの5曲目に『ゆく』が入っています。
其処には「難題山積み!そう思い込んで、自我絶賛へ!と向かいたい所存也!けだざるも、かいくぐって、ゆく。」
と最後に「ゆく」の字が書いて有りました。
12曲の中に其々、曲に込められ言葉が記して有ります。

CDを早速聴いて、いや~凄い!このギターの音色!見事なテクニックです。
私の様な、クラシックギター音楽と違ったジャンルですが、曲を聴いていて
アコースティックギターの素晴らしさを知りました。
若い人にアコギが人気が有る訳です。

P1020184.JPG P1020185.JPG 




クラシックギター ブログランキングへ

小栗康平監督作品の「FOUJITA」上映会を観てきました。 [日本名作映画]

P1020176.JPG

P1020175.JPG

小栗康平監督作品の「FOUJITA」が上映されると言う事で、早速チケットを買って栃木県益子町民会館まで車を走らせ映画を観てきました。
この映画はオダギリジョーさんが画家「藤田嗣治」を演じる事で話題になりました。
フランスで活躍した藤田嗣治を題材にした作品です。
日本とフランスの合作映画で小栗監督の見事な芸術作品と言えるでしょう。
映画で登場する藤田嗣治役のオダギリジョーさん、驚くぐらいに似ています。本物そっくり・・・
P1020178.JPG

P1020180.JPG

実にそっくりさんですね。・・・

画家の藤田嗣治の絵は戦時中の狭間にパリで称賛し続けられていたようです。
「お酒のみのお調子者」に見えるが実際はお酒は一滴も飲めないようです。
表向きは、お調子者で振る舞って、実は絵を描いていたようですね。
絵に関しては凄い努力家だったそうです。
この人のヘアースタイルには特徴が有りますね。
このトレードマーク的なオカッパ頭、これも、それなりの訳有りなんでしょうか?・・・
映画ではパリでの生活ぶり、裸体画「乳白色の肌」裸婦を描いている映像が写ります。
「寝室の裸婦キキ」1922年 
モデルはモンバルナスのキキと云う名で美術史上に多くの姿を残した女性。
後半は日本に帰ってからの生活ぶりが映し出されます。
パリ陥落を前に日本に戻った藤田嗣治、1940年代の戦時の日本は
”戦争協力画”を描き「アッツ島玉砕≫1943年は凄惨苛酷なリアルな情景が描かれている。・・・
戦争協力者として強い批判を浴びさせられ、再び日本を去り、フランスへ渡ったそうな・・事です。
今回の映画上映前に小栗監督の生出演で映画に対する情熱的なお話やら、
前段にメイク映像兼ねて撮影に関する説明講話をしてくれました。
”藤田嗣治”と”レオナール・フジタ”この二つの名前を絵によって使い分けていたようです。
”レオナール”とはどうも”レオナルド・ダビンチ”からの名前から作られたようですね。
 
一般的なドラマ的な映画とは異なった、作品です。
小栗監督の作品は好きで数本映画鑑賞していますが、何でしょうか・・・
映画の中に幻想的で・・神秘的な映像が必ず出てきて、実に素晴らしい作品に仕上げられています。


クラシックギター ブログランキングへ

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

カルリのニ長調ソナタ [My Ch (guitar)]





カルリの『ソナタニ長調』を演奏

1996年に「第二回ギターの集い」と言う企画で参加演奏しました。
ギター中級者向けの曲と思います。

 




クラシックギター ブログランキングへ

「禁じられた遊び」に心を寄せられて・・ギターを習う時代 [My Ch (guitar)]



映画「禁じられた遊び」で使われた曲で、誰もがこの曲に酔いしれた時代が有った。
1965~1968年頃はギターブームではなかったか・・・
この曲を知らない人はいないくらいの人気曲でした。
この”禁じられた遊び”が弾きたくて、ギターは最高潮に・・
街を歩いても電車の中でもギターを持った若者は大勢いたように思える。
私も、その一人でした。
自己流でそれらしきメロディーに聴こえればOK!と云う感じでやってましたね。
そしてNHKギター教室(阿部保夫氏)が始まり、これをきっかけにギターを正式に習おうとする人が増えました。

何処のギター教室も生徒で満員!
そんな時代が懐かしい・・
青春時代だ!
ギターを持っているだけで、女の子に持て囃された気がする。
人前で弾くのも下手でも「恥ずかしい」そんな事は一切なく、
ズウズウシク人前で弾いていたのだから・・
今考えると、よく見っとも無いギターを人前で弾いたものだと感心している。


ルイゼ・ワルカーの小さなロマンスを弾いてみました。 [My Ch (guitar)]



ルイゼ・ワルカーの代表作品と云われる≪小さなロマンス≫を21年振りにアップしました。
この曲は、1995年に私が初めて演奏ホールで弾いた思い出の曲です。
最近は、殆ど弾かなくなってしまった≪小ロマンス≫ですが、弾いてみると素敵な曲だなぁ~と思います。
たまに弾くので、楽譜を頼りに即席の演奏でアップしました。
大別すると3つの分部と1つのコーダからなり、最初の冒頭は何故か、ビラ・ロボスの前奏曲1番と勘違いしそうです。
中間部(Lebhaft)ここの最初の八分♪の和音はスタッカート風に弾く弾き方が有りますが、私は普通に弾いて八分休符を無視して弾くようにしています。アルペジオで流れる個所は小ロマンスの一番素敵な処ではないでしょうか・・遠くの方から少しづつ近づいてくる様な場面で、そして、だんだん遠くへ去って行く様な感じがします。 

 


にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村