So-net無料ブログ作成

グランホタを弾く(タレガ) [ギター・マイ・ちゃんねる]

グラン・ホタ 数本を録画をしていますが、今回は2本の録画を組み合わせて編集しました。
このグランホタはタレガの曲では珍しく長い大曲ですね。
昔、NHK初代ギター教室の講師:阿部保夫さんのグランホタを聴いて、
「なんて素敵な曲だろう」と・・
「ギターでこんな多彩な表現が出来るのか・・?」と当時は驚きましたね。
いつか弾いてみたいと思った曲です。
あれから長い年数を経過しましたが、
2014年にこの曲に挑めた事は、長年の夢が叶った次第です。
2014年の発表会で演奏出来たことも大きな喜びです。
発表会でも大きなミスも無く最後まで弾ききったことも良かった。
グランホタの魅力は特殊奏法によるホタの舞曲で、
華やかなところは楽しいです。
特殊な技巧は、左手だけによるmiz. 
リガードの長い連続やImitacion Lloro泣き真似の音色を表現したり、
トランペット、ファゴットを思わせる奏法、
ハーモニックスやカンパネラで鐘の音色を表現したり、
大太鼓、ドラムを叩くような小太鼓の技巧、
太鼓、ドラムではメロディーも入れる難技です。
ファイナル近くではトレモロ奏法を取り入れ、ほんのり癒されます。
最終に高音域から低音域に向かいアルペジオで一気に駆け下りて
華やかにこの曲の幕を閉じると云う聴き応え有る作品と思います。
 
ギター1台の一人の演奏によって、此れだけの効果を作れるのだから
ギターという楽器は実に素晴らしい。
グランホタは「弾いてみたい曲」
気持ちを湧き立てます。
挑戦する事の楽しさが有ります。
≪弾いて楽しい≫≪聴いて楽しい≫≪見て楽しい≫
そんな曲ではないでしょか・・

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。